美容整形外科のレーザー脱毛は美容サロンと何が違うのか

綺麗な女性1

脱毛の方法としてレーザーによる施術が標準的になってきました。美容整形外科でレーザー脱毛を受けると一般的な美容サロンに比べるとかなり費用が高いという印象を受ける人が多いでしょう。それなら美容サロンで脱毛すれば良いと考えてしまうかもしれません。

美容整形外科にもメリットがあるので、どんな違いがあるのかを確認しておきましょう。

使用する光の出力が違う

病院4

美容整形外科でも美容サロンでも光を使った脱毛が行われていますが、その出力に大きな違いがあります。美容整形外科と美容サロンの施術に大差が生じる理由なので、まずはこの観点から理解を深めておきましょう。美容整形外科で使用されているレーザー脱毛の光は、美容サロンで用いる光に比べるとかなり出力が高く、ピンポイントで照射できるという特徴があります。

光を収束させて出力を上げているのがレーザーの特色で、美容サロンで使う光のように全体に均一に当てるものとは少し異なるのです。光を点で当てるのがレーザーなのに対し、一般的な光照射は面で光を当てていると考えると良いでしょう。

この違いが何をもたらすかを知る上では光脱毛の原理を知ることが必要です。光によって脱毛が可能なのは、光が強いエネルギーを持っていて、細胞を破壊する力があるからです。毛の根元にある毛母細胞が強くエネルギーを吸収する波長の光を使って照射することにより、エネルギーが過剰な状態を作り出して毛母細胞を破壊するというのが基本的な原理として知られています。

つまり、光の出力が高いほど脱毛効果も強いということになるのです。しかし、光は毛母細胞だけでなく、他の肌の細胞にも多かれ少なかれダメージを与えてしまいます。強ければ良いというわけではなく、問題が生じない範囲で最大限の出力にすることが大切です。

光は装置によって出力をコントロールできるので、個人の肌に合わせて適切な出力を選んで照射します。人によって肌の色が違うことから推察できるように、肌によってどの程度の出力まで大丈夫かが異なるのです。そのコントロールが難しいため、医師としての資格を持っている人にしかレーザーは取り扱えないことになっています。

レーザーがもたらすメリット

美容整形外科のレーザー脱毛のメリットは出力が高いことで効果が大きい施術を受けられることです。美容サロンで受ける光脱毛の場合には一回の施術で破壊できる毛母細胞の数が少なく、長期的に施術を受けていないとすぐに毛が生えてきてしまいます。

美容整形外科のレーザー脱毛でも5回から8回程度は施術をうける必要があります。ヘアサイクルに合わせて照射しないと効果が長続きしないからです。しかし、その時点でもう何年も毛が生えてこない永久脱毛を達成できるのが一般的です。

また、一般的にはクリニックで行われる施術の方が一回あたりの時間も短くて済みます。長時間の照射はかえって肌にダメージを与えてしまうリスクがあるため、短時間の照射で最大限の効果を発揮させる工夫が進められているのです。

平均的にはカウンセリングも含めて考えると、一回の訪問あたりでかかる時間に30分程度の違いがあります。忙しい生活を送っている人にとって30分も施術時間が違ったら大きな差があると感じるでしょう。脱毛に通う頻度だけでなく施術を受けるのに費やす時間の観点からもレーザー脱毛は優れているのです。

レーザーを使うデメリット

レーザー脱毛は美容サロンの光脱毛に比べて全て優れているというわけではありません。強い出力の光を使うことによるデメリットもあります。レーザーの出力を適切なレベルにコントロールできていないと、周辺にある肌の細胞がかなりダメージを受けてしまうのが問題点です。

クリニックで脱毛してもらっていたら肌荒れが酷くなったという人はしばしばいます。これは光によって肌の細胞がかなり死んでしまい、緻密な肌を維持できなくなってしまっているのが原因だと考えられるでしょう。また、施術中に痛みを感じる人も多く、それが原因で脱毛を諦めてしまうこともあります。

肌のトラブルや痛みへの懸念はレーザー脱毛を使う限りは避けられないものです。

トラブルへの対応力は美容整形外科が優秀

病院13

このようなデメリットがあるからこそ、レーザー脱毛は美容整形外科でしか受けられなくなっています。美容整形外科に勤めている医師のほとんどは皮膚科での業務経験を持っていて、専門的な知識と経験があります。肌の状態を分析して、安全かつ効果的な脱毛を進めていくためにはどうすべきかをプロとして判断できるのです。

さらに、もし肌のトラブルが発生したとしても、医師は処方箋を書いて医療用の医薬品を使用することができます。肌荒れが酷くなったとしても適切な薬を使うことで速やかに治せると期待できるでしょう。優秀で経験が豊富な医師ほど適切な判断を早期に取ってくれて、気になるほどのトラブルが起こらずに済むと考えられます。

一方、美容サロンで施術をするのに資格は必要ありません。光脱毛はそれほど専門性の高い知識がなくても取り扱える範囲の出力になっているからです。そのため、トラブルが起こったときに施術をしている人がすぐに対策を講じることができないことも珍しくありません。

肌の状態には個人差があるので、一般的な光脱毛でも肌荒れになるケースもあります。そのようなときに頼りになる人がいるクリニックの方が安心感があるでしょう。

関連記事:日本人が好きなプチ整形と言われる美容整形でどこまで変わるか?

費用対効果を考えると判断が難しい

結局は美容整形外科のレーザー脱毛は一長一短です。メリットが大きく感じられるかもしれませんが、デメリットも深刻に考えるとトラブルが起こりにくい美容サロンの方が良いと考えることもあるでしょう。また、費用について考えてみると、一回あたりは美容クリニックの方が高いですが、受けなければならない回数は美容サロンの方が多くなります。

特に、永久脱毛を目指したい場合には、長期的に見ると美容クリニックの方が費用対効果が良いでしょう。しかし、この夏はすべすべの肌で過ごしたいという目標を持っている人ならサロンの方が安上がりになると考えられます。

このように、費用対効果で考えると一般的な判断は難しいので、自分の目的意識と感性で決めることが大切です。例えば、痛みが気になる人はサロンの光照射を選び、仕事をしていて忙しい人はレーザー脱毛にするといった決め方もあるでしょう。

何を重視するかに応じて選ぶのが良い方法と言えます。